2021年9月30日月末のポンド円チャート振り返り

ドルが全通貨において急騰している中での月末30日のポンド円。

5分足チャートは以下⇒

月末だったが、東京時間はダラダラ相場。欧州でもはっきりしない相場が続いた。

このようなレンジ相場は苦手なので、手を出さなくて正解。

NY時間に入り、振れ幅が大きくなってからの方向性を決めて下げ。

つまり円が強くなった。

0時から3時にかけた3時間で100PIPS超えの下げ。

30日はトレードしないと思っていたが、はっきりした動きに

多少トレードし成功。

 

今後の展望

明日は1日。月初も多少注意が必要だが・・・。

では4時間足をみてみよう。

ピンク線を割ってきた。

実践で抜けてくれば、その下の水平線を引いた箇所まで

下げる可能性も出てきた。148円後半から149円前半あたりで反発まで

下がるかどうかといったところだろう。

 

10月1日は、8:50日本の経済指標発表、

18:00ユーロの経済指標発表、21:30に米国の経済指標発表と

影響力のある発表が続く。また、日本の首相交代で日本企業の株価が

上がる?影響が為替にも出るかもしれない。

 

1日のトレードも注意が必要だ。