2021年9月28日火曜日のポンド円チャートの振り返り。

 

28日チャートの振り返り

前日考えていたように、28日は大きな下げとなった。

欧州時間からNY時間にかけて驚愕の約200Pips下落。

8時間ほどかけて約2円ほど下落した。

想定外だったのは、東京時間が上昇したこと。しかも50Pipsほども。

午前中にチャートを見たときに、4時間足の抵抗線MAを抜けてしまったので、

これは上昇トレンド継続かと思ったほど。

欧州時間に入ると予想通りの大幅下落。

15時過ぎに青線MA抜けで、売りポジションを持ったが、

さらに上昇したので、ビビッて損切。その後大幅下落が始まったので、

実に惜しいことをした。

NY時間からポンドドルに取引通貨を変更し、その負け分取り戻し。

 

29日の展望

29日の相場は、このまま下落とはならず、このあたりで揉むだろう。

レンジ、もしくは一旦少し戻し、下落になるだろう。

 

ちなみに昨日のパウエル発言は下落を止めた程度のものとなった。

29日の大きな経済指標は24:45に予定されている

・黒田東彦日銀総裁、発言

・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

・ベイリー英中銀(BOE)総裁、発言

日本、アメリカ、EU、イギリスの要人発言となる。

この時間に各通貨保有はしないようにしようと思う。