2021年9月27日月曜日のポンド円のFXチャート振り返り。

 

5分足チャートの振り返り

今日は大きな経済指標は特になし。25日が土曜日だったので

影響があるかどうかといったところが、東京時間はほぼ横ばいからの

欧州時間となった。

 

早速チャートをみていこう⇒

※ポンド円5分足

15時30分より、一旦戻しからの再上昇で、2時間半ほどの間に約85Pipsの上昇

トレンドとなった。

 

要因はポンドが全体的に強くなったことに加え、ドル円の円が大きく弱くなったことで

ポンドは急上昇となった。

ただ、ポンドが欧州時間のスタートで何故強くなったのかは、わからない。

これが欧州時間といえばそれまでだ。

 

ただ、ポンドの急伸によりポンド円は大きく伸びているが、

このまま上昇トレンドかは疑問だ。

 

4時間足チャートの振り返り

4時間足を見てみよう⇒

青いMA線のタッチで、毎回下落をしていることがわかる。

青線は日足の75SMAだ。

さらに、この青線タッチ場所はここ数回で切り下がってきている。

なので、このラインを抜けていくようであれば、上昇トレンドは155円まで上昇した

2021年6月のところを目指していくだろう。

またここで下落するようであれば、直近安値の149円を目指すだろう。

何より、この数日でどちらかに振れていくはずだ。

 

個人的には、急な上昇(1週間)であったので、少し戻して(下落)

反発上昇ではないかと考える。

 

もちろん経済指標のネタによっても大きく変わる要素はある。

 

話は戻るが、9月27日の相場では、NY時間しかできない状態であれば、

20時からの下落約30Pipsを獲れればOKだろう。

実際、この下落箇所で利益を得たが、その後のレンジ相場で往復ビンタを食らう

羽目になったのは言うまでもない。

 

明日への展望

明日9月28日(火)の主な経済指標は、

東京時間の8:50日銀・金融政策決定会合議事要旨

NY時間の23:00パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

このふたつか。

東京時間はこの発表内容次第だが、緩やかに戻す(下落)するのではないかと考える。

もちろんトレードはしない。

今日もNY時間のトレードになる予定なので、23時前後は念のため、

ポジションは持たないでいることにする。