まずは・・・

前回、前々回記事においてサイトのプラグイン異常から画像が表示されませんでした。

現在修正出来ているはずです。

前回記事⇒ 1年間のチャートの流れから8月の為替動向を考える

 

8月5日の全体考察

さて、8月5日の為替について考えてみます。

週明け月曜日ですが、この週末に大きな変動はなく、

先週終値からさほど変動する事無く、6時にスタートしました。

 

9時頃から円高へ多少推移していますが、現状はレンジとなっています。

本日8月5日の22:45に米国サービス景気指数の発表があります。

動向に注目しましょう。

東京市場は、先週のダウ平均株価の下落、円高に寄り付き、

日経平均株価は下落からのスタートとなっています。

 

現在の円高は米中の貿易摩擦によるもので、人民元は大きく安値に動いています。

人民元の安値への動きに対し、市場ではリスクオフの動きで円を買う動きが

あり、円高への助長となっています。

 

OANDA分析 ドル円

まずドル円です。

8/5 10時現在の状況はこちらです。

ドル円保有ポジションは、多くの買いポジションが未だ決済されずに、保有されています。

それに対し、売りポジションは106円50銭あたりで大きく保有されました。

 

市場トレーダーは、現在の円高は一時的なものと考えているように見えます。

105円まで突入するリスクは無いとはいえませんが、ショートレンジでダウントレンドに

乗って、利益を確保する動きのようです。

 

ただし、最初に書きましたが、米中の貿易摩擦状況によっては、リスクオフの動きが

増大する可能性も考えられます。

まだ逆張りするには早計かと思います。

 

OANDA分析 ポンド円

次にポンド円です。

ポンド円に関してですが、ここ数日は米中貿易摩擦の状況の方が市場として反応しやすい

ネタになっているからか、あまりニュースになりません。

ただ、こちらも7月25日からダウントレンドニなっており、現在129円台まで下げてきています。

EU離脱の状況次第で大きく更に動くとは思いますが、これといった決めてに欠けているようです。

 

OANDAとしても、ドル円同様のポジション状況になっているようです。

しばらくは、米中状況によってリスクオフで円が強くなる流れであれば

そのままついていくといった流れのようです。

 

まとめ

本日は、TOKYO時間は円高の流れではじまっています。

しばらく円高の流れは続くと考えられますが、ヨーロッパ時間になる頃は

反発の動きも考えられます。

また夜、米国の経済指標の発表による要人発言にも注意が必要です。

早め早めの決済で、損益を出さない注意が必要です。

では、今日も良いトレードを!