FXトレードをしている市場参加者は誰もが収益を上げたい、資産を増やしたい

と考えている。私もそのひとりだ。

日々、どうやったら収益があがるのかを考え、行動している。

 

でもFXは、ゼロサムである。誰かが勝てば、誰かが負ける。

勝ち負けでは無いかもしれないが、資産を増やす人がいる一方、資産を失う人もいる。

 

少しでもFXで収益を上げる為に、少しチャートをみてみようと思う。

 

年間チャート過去5年(ドル円 2015年~2019年)

では早速、1年ごとのチャートを5年分並べてみよう。

 

2015年1月~12月

2015年1月からドル円

 

2016年1月~12月

2016年1月~ドル円

 

2017年1月~12月

2017年1月~ドル円

 

2018年1月~12月

2018年1月~ドル円

 

2019年1月~7月

2019年1月~ドル円

 

さて5年間の流れはこのような感じだ。(それぞれ週足)

チャートをボーッと眺めてみると、いくつか共通点があることに気付く。

・年始はまず円高から始まる

・9月~10月に大きなトレンドが変わる

 

この2つは、ほぼ確実に発生している内容だ。おそらく細かく見ればまだまだある。

様々な状況になかで、このような傾向があるのは、実に面白い。

 

2019年8月はどんなトレンドか?

このブログのタイトルにあるように、テクニカル分析のブログと考えると

このような分析もまた面白い。

さて、前項を踏まえて8月はどのようなトレードをするべきか?

 

9月以降に反発と考えるのであれば、今年は4月以降から続く円高トレンドを

進めるもしくは、ここでのレンジ相場。ただし、7月に大きく下落した今年は、

多少戻すそしてまた下げるという流れも考えられる。

 

大きく下落した反発は必ずある。

しかもファンダメンタル的には、9月に米国の利下げがある可能性がある。

やはり9月の反発(円安へのトレンド転換)は必須かもしれない。

 

まとめ

テクニカル分析をする上で、現状のチャートをみるだけで無く、

過去のチャートの流れも参考にしたい。

8月のチャートの流れの予測としては、9月の反発に向けて

一時小幅な反発があるも、更なる下落もしくは、停滞する相場ではないかと

考える。

方向性が見えれば、8月下旬に売りポジションを保有しておこうとは

考えにくい。