8月になりました。

今朝は9時から大きく円安に動いています。

7月は、ドル円108円前後での動向になりました。

8月は米・中・英と動きがありそうですね。

 

市場の動向

日経平均は、21,309.16の-0.99%

ダウ平均は、26,864.27の-1.23%

大幅なダウの下落がニュースになっていますが、

年始から考えれば妥当なラインにきていると感じます。

 

 

為替相場は、9:38現在

ポンド円 132円37銭

ドル円  109円18銭

 

 

OANDAを活用して分析

8月1日9:30現在のOANDAを見てみます。

まずはドル円です。

ドル円は昨日1日で、円安に1円動き、NYタイムで70銭ほど円高に戻しました。

この影響かポジションとしては、108円80銭以上の買いポジションは少なく、

決済ポジションが売りに多くがあることから、この後、利益確定待ちの流れのようです。

一時円安に動くも、円高へ流れる流れでしょうか。

 

続いてポンド円です。

ポンドは132円20銭以上の買いポジションがまんべんなくあり、

円安方向の流れとみますが、

このポジション以下での売りポジションがかなり大きくあります。

本日は円安方向の流れの中で、132円を分岐に円高に一時流れる可能性が

あるように思えます。

 

まとめ

ポンドは英首相の交代により、円高の流れが加速しています。

まだ底は見せていない気がします。

ドル円は、ダウ平均が大幅に下落した影響の後の反動が

多少今朝の動きにつながっていると感じます。

東京市場時間では、この反動を終えた後、多少の円高に流れ

レンジ相場で次の情報に反応が予想されます。

 

では、今日も良いトレードをしましょう!