ちょっとご無沙汰してしまいました。
この空いてしまった期間に、ポンドは円高方向に動きが変わりました。

今日は日本では祝日ですが、この後どう流れるかを考えて行きたいと思います。

 

いつも夜、深夜の動きと書いているので、今回から

できる限り夕方以降に分析していきたいと思います。

 

市場の動向

日経平均は、20,333.17の-2.01%

ダウ平均は、25,106.33の-0.25%

 

 

為替相場は、18:35現在

ポンド円 142円21銭

ドル円  110円21銭

 

今日はここまで横ばいのようです。

今のところ、大きなきっかけとなる発言や動きはなさそうです。

 

 

OANDAを活用して分析

2月11日18:30現在のOANDAを見てみます。

まずはドル円です。

ポジションとしては、買い優勢のようです。

注文量をみると大きいものはないので、

ネタが無い状態でしょう。

109円95銭あたりの買いポジションが4.0を超えており、

ここは大きい流れを作り出しています。

といっても、これが円安のきっかけになる理由もなさそうなので、

このレンジでの均衡が続きそうです。

 

続いてポンド円です。

ポジションは、売り優勢でしょう。

下げ相場の中にありますので、円高への動きが強いようです。

注文でも、143円10銭に強い売り注文がありますが、

これは利益確定の為の注文ではないかと思います。

140円あたりまで動く可能性はありそうです。

 

まとめ

今日は、週明けで東京市場は祝日で休みです。

動くとしたらこの後、ロンドン、ニューヨーク時間になるので、

この流れを続けるのか、反発がおこるネタが発生するのかをよく見極めて

いきたいですね。

休み明けの相場は、流れが変わる要素もありますので、

あまりリスクは取らずにいきたいものです。

 

では、今日も良いトレードをしましょう!