昨日のポンドはレンジ相場の流れから、深夜に円安に向かいました。

一方ドルは109円中盤でのレンジ相場でした。

まぁ、想定内といったところで、予想通り深夜に円安でしたので

私は、深夜前に多少利益が出たところで利益確定してしまったので

ちょっと残念でした。

では、1月22日を考えて行きます。

 

市場の動向

日経平均は、20,719.33の+0.26%

ダウ平均は、24,706.35

 

 

為替相場は、7:45現在

ポンド円 141円34銭

ドル円  109円61銭

 

 

英首相のEU離脱に対するアクションはあるものの、

あまりネタがないですね。

このような相場では、ネタ探しが行われますが、

めぼしいものがないのが現状でしょうか。

 

OANDAを活用して分析

1月22日7:30現在のOANDAを見てみます。

まずはドル円です。

ドル円は、いつもとグラフの感じが違いますね。

線が小さく見えますが、右側のポジショングラフ、

109円67銭に6.0の量の買いポジションがあります。

これがでかい!売りも4.0ありますのですが、ちょっと買い

が大きすぎますね。

ここは円安になりと踏んで、機関投資家なのか

大きなポジションを張ったということでしょう。

円安方面の流れを作ろうとしていますね。

 

 

ポンド円を見てみます。

ポンド円は、こちらも買いでの大きなポジションがあります。

注文の方に、この2.0を超える大きな柱が二本売りにあるのは、

ここ数日変わりありません。

ごれが無くならないということは、この幅のレンジで為替が動いているということです。

方向性が定まっていないようですね。

 

まとめ

今日は流れがまだ読みづらいですが、ドル円は円安方面110円を目指して

いくのではないでしょうか。

一方ポンド円は、まだ小康状態でしょう。何かEU離脱の

きっかけなどあると動くかもしれません。

夕方以降、特に深夜時間帯に注意しましょう。

 

では、今日も楽しんでトレードをしましょう!