先週は、アップダウンの少し大きな1週間でした。

今週は、方向性が見えてくるとトレードは楽なのですが・・・・

市場の動向

日経平均は、20,666.07の+1.29%

ダウ平均は、24,706.35の+1.38%

 

 

為替相場は、8:00現在

ポンド円 141円20銭

ドル円  109円72銭

 

 

今日の株式の見通しは米株高の影響で、日経平均も上がりそうです。

それに伴い、円安に動くとみられています。

ただし、ポンドはまだまだ不安定であり、状況によっては、

ドル円にも影響がでそうですので、注意が必要です。

 

OANDAを活用して分析

1月21日8:00現在のOANDAを見てみます。

まずはドル円です。

ドル円は、買いの勢いがありますが、

市場参加者は決済のタイミングが早そうです。

週明けなので、みなさん様子を見て、ポジションを持つでしょうから、

多少最初は円安に動き、その後は様子見からの反応となるでしょう。

 

 

ポンド円を見てみます。

ポンド円の注文ポジションは、先週末と変わっていません。

保有ポジションをみると、141円後半での買いポジションが強い

ですが、先週末の最後の円安の反動で、多少円高に流れてきているようです。

 

ここは、夕方以降の状況をみて判断が必要です。

東京市場で日経平均がプラス推移すれば、多少円安に動いていくでしょうが、

英動向でどうにでも変わりそうです。

 

 

まとめ

週明けでのすで、急いでポジションを持つことはせずに

市場の様子をよく見て判断していきましょう。

チャートが動き始めたら判断していこうと思います。

 

では、今週も楽しんでトレードをしましょう!