ここ数日所用により、更新する事が出来ませんでした。

この数日間で動きとしては大きく動いていましたね。

昨日はイギリスのEU離脱ニュースの関連で、ポンドが2円ほど下がってから

2円戻すといった流れがありました。

さて、本日はどうか考えてみたいと思います。

市場の動向

日経平均は、20,397.42の-0.77%

ダウ平均は、24,065.59の+0.65%

 

 

為替相場は、10:45現在

ポンド円 139円12銭

ドル円  108円42銭

 

 

ポンドは、ここから荒れそうですね。

首相の離脱案が下院で否決されました。しかもこれが大差での否決でしたので、

イギリス世論としては、EU離脱するな!といった方向なのでしょう。

この不安定な要素で、円が買われました。

一方ダウ平均は、プラスで推移しています。

ドル円に関しては、レンジ相場です。

 

OANDAを活用して分析

1月16日10:30現在のOANDAを見てみます。

まずはドル円です。

ドル円は、現在値近辺でのポジションが大きくありますが、

注文はどれも低めの平均的です。

大きな要素がないので、このレンジでの均衡がしばらく続くのではないでしょうか。

何かネタが出たら反応して動く可能性はあります。

 

 

ポンド円を見てみます。

ポンド円は、難しいですね。何よりEU離脱がどうなるのか?

これが一番のネタとなります。要人の発言一つでも過敏に反応するでしょう。

振れ幅が大きいので、ここ数日のトレードは注意が必要です。

 

 

まとめ

本日は、ドル円は円安からの戻りの円高でスタートしています。

ただ、狭いレンジでの攻防となっていますので、こちらは

落ち着いて見ていれば、負けることはないでしょう。

 

ポンドは昨日大きく振れています。

本日は、今朝早朝の一気の円安からの戻りの流れ。

ただ、これもどこまで戻すかが難しいところです。

あまりチャートを見る事が出来る状況でなければ、トレードはおすすめしません。

夕方までは円高へ動き、イギリス市場が開いてから、どう動くかをよく見る必要が

ありますね。あまりリスクを取らずにいくと良いと思います。

 

では、今日も楽しんでトレードをしましょう!