最近毎日同じパターンの動きが多いですね。

上げたり、下げたりの流れは違いますが、

午前中の流れ、それに反発する夕方・夜の流れ、深夜に少し戻す。

結果としてほぼ同じレンジでの動きになっています。

 

昨日予測した通りの流れでした。

では、本日の動向を考えて行きます。

今日は10日ですので多少動きがあるかもしれませんね。

市場の動向

日経平均は、20,263.31の-0.80%

ダウ平均は、23,879.12の+0.39%

久しぶりに日経平均がマイナスしています。

 

為替相場は、10:00現在

ポンド円 138円06銭 ちょい円高

ドル円  107円92銭 円高

といったところ。

昨日の同時刻と比較すると、円高になっています。

 

現在日経平均はマイナスしていますが、ダウのプラスの効果により、

底値となり多少なりとも反発する流れが市場にはありそうです。

世界的な景気減速ムードではあるので、株価は下げの流れはありそうではあるが、

本日に関して言えば停滞といったところ。

為替相場としては、株価に反応する局面もあるでしょうが、

夕方以降のヨーロッパ、アメリカの動きで反応が出そうです。

特にトランプ氏の発言・動きには注意が必要です。

本日も朝は円高に動いています。夕方は円安に戻すのでしょうか。

 

OANDAを活用して分析

1月10日10:00現在のOANDAを見てみます。

まずはドル円です。

現在円安から円高の流れに乗っています。

ポジションは、現在値での売りが大きくありますね。

注文量をみると、はっきりしない動きがあります。

どこで決済するのか、難しい判断のようですね。

今は売り主導ですが、下がってきている事を考えると、

円安に反転する事も考えられます。

本日は様子見が多いようです。

 

 

ポンド円を見てみます。

こちらのポジションも売りが強めですね。

ただし、138円を切るくらいで買いも大きいポジションがありますので、

反発は早いかもしれません。

注文を見ても139.80に大きな売りポジションがあります。

本日も138円~139円で動く流れと言えそうです。

 

 

まとめ

本日は円高の流れで始まっています。

流れに乗るのであれば、反発に注意していきましょう。

もうかなり円高に進んだので、それほど材料がある訳ではないです。

反発の場所をよく見て判断し、円安(買い)ポジションでいくのも

良いかもしれませんね。

本日も夕方の流れは、再度注意が必要です。

 

では、今日も楽しんでトレードをしましょう!