昨日は一時円安に動きましたが、夕方過ぎから円高に戻す流れとなりました。

それでも、明け方には少し円安に戻していきました。

小さなレンジでの相場となりました。

 

市場の動向

日経平均は、20,366.75の+0.81%

ダウ平均は、23,787.45の+1.09%

二日続けて大きくプラスになりました。

 

為替相場は、10:15現在

ポンド円 138円48銭

ドル円  108円71銭

といったところ。

ポンド円は昨日の同時間比較で少し円高になり、

ドル円は、少し円安になりました。

 

OANDAを活用して分析

1月9日10:00現在のOANDAを見てみます。

まずはドル円です。

ポジションとしては、売りが強くあります。

現在値以上では、110円超えまで買いを持ったまま戻ると予測されている方が

多いですね。注文では、売りの方が多いですね。円高への意識が感じられます。

このまま円安への流れがあると、現在売りポジションを持っている人達が、

損切りに入る可能性があるので、一時的に円安に進むことも考えられます。

 

 

ポンド円を見てみます。

138円の買いポジションが強いですね。2.0を超えています。

138円~138.50円までに売りポジションもそれなりにあります。

注文では、139.80円で大きな売り注文が入っています。

138円~139.80までのレンジでしばらくせめぎ合いがありそうですね。

 

 

まとめ

本日の株式市場は、プラスで推移しそうです。

流れは円安、ただしレンジ相場を意識して、買いメインでの

取引をしようと思います。

夕方以降は、昼の動きからの反発も考えられるので注意しましょう。

 

では、今日も良いトレードを!