2019年も8日になりましたが、やっと1回目の為替相場を読むです。

やっと年末年始のゴタゴタから解放されつつある様相にあります。

市場の動向

日経平均は、20,141.36の+0.51%

ダウ平均は、23,531.35の+0.42%

年末年始の日経平均は2万円を切っていましたが、昨日は2万円を超えました。

 

為替相場は、10:40現在

ポンド円 138円61銭

ドル円  108円52銭

といったところ。

 

昨日は一時円高に戻りましたが、深夜に円安に大きく戻してきました。

OANDAを活用して分析

1月8日10:30現在のOANDAを見てみます。

まずはドル円です。

年始より最も円高となった104円台から戻ってきています。

まだ一気に戻すような事はありませんが、ドル買い強めでの動きとなっています。

ダウ平均も上がってきており、これを元に円安に動いている様相です。

ロングでは、円安で動くとみて良いでしょう。

 

ポンド円を見てみます。

140円手前に大きな売り注文がありますが、利益確定での注文とみると

注文値の変更もあるかもしれません。

こちらも全体的には円安方向で考えて行きたいです。

 

まとめ

1週間ほどブランクがありましたので、

相場の流れに改めて慣れなければなりません。

年末年始のような極端な変動は無いと思いますが、

相場がしっかりと方向性を持つまで、油断は禁物です。

現状、円安に動いていますが、絶対的なネタがあるわけでは無いので、

要人発言など注意が必要です。

 

では、今年は大きな利益が獲得できるように頑張っていきましょう♪