2018年最後の1日です。

なんだか曜日の感覚がなくなっており、今日は月曜だと必死に自分自身に言い聞かせています。

市場の動向

日経平均は、20,014.77の-0.31%

ダウ平均は、23,062.40の-0.33%

もっとも株式市場は、12月29日から1月3日までお休みですので

現状の数値だけです。

※上記は12月28日の終了時間のものということ

 

為替相場は、7:20現在

ポンド円 140円02銭

ドル円  110円25銭

といったところ。

 

本日の為替市場では、株式市場の動きには反応が無いので、

主に各国主要人物の発言によって、変動があると見られます。

 

年末の動き(2017年)

昨年の年末の為替相場の動きを確認してみます。

昨年は本年同様に、それまで円高になだらかに動いていました。

上(左)がドル円 下(右)がポンド円です。

12時間足なのでグラフ上短いラインですが、赤丸部分が、

昨年の年末12月30日の状況です。

 

これを確認すると、ほとんど変動なくといった感じがありますね。

年明けしてから、大きく動いているのがわかります。

 

OANDAを活用して分析

12月31日7:30現在のOANDAを見てみます。

まずはドル円です。

ドル円は先週金曜日に円高に大きく流れてきています。

ですので、現在値より上のポジションが多くなっていますね。

注文では、損切りの注文は少なく、110円より円高になると

考えているトレーダーは少ないようです。

 

特に変動するネタも無いので、110円近辺での攻防でしょう。

個人的には若干円安に戻すと踏んでいます。

110円から111円の間での動きと考えます。

 

ポンド円を見てみます。

こちらですね。

ポンドは11月9日の149円よりここまで円高に向かってきています。

既に50日ほどですね。その前は8月15日の140円を切るところで反発して

からの円安トレンドでした。約80日ほどでしょうか。

前回の底値が139円90銭ほどでしたので、反発してもおかしくはありません。

今回は139円54銭まで12月28日に下がっています。

 

私としては、低いレバレッジで買いロングでもつのもありかなと考えています。

ただし、年明けにEU離脱の動きが出てきますので、注意は必要です。

 

では、本日今年最後のトレードを楽しみましょう。

 

年末年始の取引時間に注意

本日は、私の利用しているXM Tradingは19時(日本時間)で閉場です。

所有口座の取引時間に注意してくださいね。

 

年始は、XMでは1月2日9時からスタートになります。