昨日の為替相場は、ポンドは予想通り141円台まで下げました。

ドル円も予想通りの112円前半まで下げてからの戻りでしたね。

FOMCの発表は、米FRBが25bpの利上げ決定。来年の引締めペースは

減速となり、利上げの見通しを受け、市場は大幅安になりました。

米金融・債権市場も利回りが低下しました。

とはいえ、ドル円はそこまで大幅な下げはありませんでした。

市場の状況

日経平均は、20,796.05の-0.91%

ダウ平均は、23,323.66の-1.49%

 

為替は、10:30現在

ドル円112.52

ポンド円141.98

FRBは昨日の発表で利上げの方向性を示したが、

トランプ大統領は利上げに反対している。トランプ氏から

すれば、利上げをする事で、市場の景気減速感を見せたくない

ということではないかと思う。トランプ氏の事である、自分の

思い通りにならないことには、なんかしら発言をして市場を

混乱させる。と考えると、このまま円高方向とも思えず、

まだまだ予断は許さないほうが良いでしょう。

 

チャート分析

それではOANDAを見ていきます。

2018年12月20日10:30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドル円は、昨日のチャートとほぼ同様の形をしています。

多少買いが厚みを増し、売りが小さくなりました。

とみると、円安に少し動くのかもしれませんね。

注文状況もほぼ変わらずです。

本日も112円から112円後半での攻防でしょうか。

あまり動きがなさそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてポンド円です。

こちらも昨日の状況によく似ておりますが、

注文は、141円フラットでの買いの注文が増えました。

140円台に入ることもあり得ますが、

反発しそうですね。

今日は141.5~142.8くらいのレンジでしょうか。

どちらにせよ、夕方以降に動くでしょうから、

本日のTokyo市場の状況で多少変動あるかもしれませんね。

そろそろ円高方向は止まるのでは無いかと思います。

 

昨日のトレード結果

昨日は、一時120%プラスまでいったのですが、

その後、円高の勢いの反発を読み違え損失を出しました。

結局デイリーでは、マイナス8.9%でした。

今日は、また落ち着いてトレードしようと思います。

 

では、本日も頑張りましょう♪

トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

 

スポンサーリンク
日経225アービトラージシステム・ドラゴン