昨日12月17日は、世界的な景気後退を予測され、

円高に推移しました。

 

日経平均は、21,242.66の-1.23%

ダウ平均は、23,592.98の-2.11%

大きく下落しています。

ここにきて、アメリカ株がかなり売られています。

ここしばらく好景気であったアメリカも、少し落ち着くのでしょうか。

 

為替は、

ドル円が、112.53円

ポンド円は、142.13円

となっています。

 

さて、12/18 12.30時点のOANDAです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドル円です。

多くのトレーダーが買いポジションを保有しており、損益になっています。

オーダーをみると、底値である反応ではあります。

この112円で上下することもあるかと思いますが、

本日は反発する可能性を秘めています。

ただ、世界的な経済の後退であるとすると、このまま円高になってくる

とも考えられます。

昨日の状態での下げ幅は、ドル円ではさほど大きくなかったので、

112円から113円での取引ではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてポンド円です。

こちらもドル円と似たような表になっています。

ポンド円は注文をみると、買いの方が強いですね。

142円より下がっても、まだ反発する流れではないでしょうか。

本日は東京開場から、円高に推移していますが、17時以降では、

買いに転ずる可能性もありますので注意が必要でしょう。

142円から143.50で推移すると予測します。

 

では、本日も良いトレードを!