昨日12月14日の為替相場です。

まず・・・

日経平均は、21,374.83の-2.02%

ダウ平均は、24,100.51の-2.02%

米国外の情勢不安の影響で、午前中とは打って変わって、

大きくマイナスしました。

この影響で、円が買われ、予想していた円安ではなく、

円高に大きく動きました。

ドル円は、113円35銭

ポンド円は、142円68銭

ポンドが約1円ほど、円高になりました。

ドル円の動きはそこまで強くはありませんでしたが、

円高でしたね。

 

来週は、12月中旬になり、クリスマスウィークも近づいてきます。

EU動向はこれからも不安定でしょうから、ポンド円の動きは

注意が必要です。

 

ドル円は、ここまでアメリカが好景気であったところで、

対外状況により、不安定さがでてきました。

景気の後退もありえるかもしれませんが、

トランプ氏のコメント次第といったところもありますので

こちらは、大統領の発言に注意ですね。

 

では、良い週末を。