昨日12月13日の為替相場は・・・

ドル円は、一時113円70銭まで円高になり、本日現在113円46銭まで

落ちてきています。

ポンド円は、143円85銭まで上がり、143円40銭まで下がりと、

このレンジで上下しました。

 

日中はなかなか動かず、むしろ円高の流れが多少ありましたが、

夕方以降、円安に動きました。

ドル円は、想定通りの流れです。ポンド円に関しては、

円高に動くのは、書いた通りでしたが、このレンジでとどまる

流れは、予想できませんでした。

現在143円85銭付近から今度は円買い優勢で円高の143円30銭ほどまで

下がってきています。

 

2018年12月14日10:15分時点

日経平均は、21,566.93の-1.14%

ダウ平均は、24,597.38の+0.29%

ドル円113円45銭

ポンド円143円34銭

 

本日Tokyo市場が開き、先物安の影響で株が売られ、平均株価を下げています。

精密機器・銀行株が安くなっています。

 

10時のOANDAです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはドル円です。

本日の為替市場は、Tokyoの開場から、円高に少し動いています。

本日も、ポジションは現在112円から円安に流れてきているので、

113円63銭よりも下のポジションが多くあります。

115円まで向かうと予想する専門家の意見もあるので、売りポジションは決済されて

きており、買いポジションは待機しているのでしょう。

注文をみると、これも昨日と同じ流れですね。

ただ、円高に移行する予測もあるのか、現在の売りポジション保有の

損切り注文は少なく、今後もこのレンジ内での攻防とみられます。

本日は金曜日ですので、週明けまでポジションを持たずに

決済する動きもあると見られます。

と、考えると、買い優勢かと思われ、114円を目指し動くことも考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてポンド円です。

目を引くのが、144円05銭に入っている注文です。

もちろんこのグラフは全世界のOANDA登録者の取引情報ですので、

OANDAを利用していない人の動きは分かりません。しかしながら

この買い注文量は大きいので動きがあるかもしれません。

144円05銭を超えれば、しばらく円高に動く可能性がありますね。

現在円安に動いていますので、下げ止まりが見えたところで、

買いポジションを持っておきたいところです。

 

では、今日も良きトレードをしましょう♪