昨日12月11日は、ドル円は113円から113.3円と微妙に円安に。

ポンドは142円から一時少し円安に動くも、141.5円と円高に動きました。

ドル円は想定通りでしたが、ポンドは逆に動きましたね。

昨日ポンドを買いで持ったのですが、早々に決済しておきました。

ドル円は堅調でしたので、買いポジション保有のままです。

 

ダウ平均がマイナスになり、ドル円は円安に少し動きました。

 

日経平均は、21,476.35の+1.55%

ダウ平均は、24,370.24の-0.22%

ドル円113円48銭  ポンド円141円84銭となっています。

9時~10時の為替相場は、全面的に円安に動いています。

 

OANDAを確認してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10時のドル円です。

保有ポジションは、113円40銭以上は、ほぼ買いしかありません。

このままの流れで円安に動くと、売りポジションの参加者達は、

損切りの買いが増えますので、もうしばらく円安が続く可能性があります。

 

注文をみると、そうでもなく、下がれば買うけど、上がったら売ると

いった、この相場で上下する見込みのようです。

 

ドル円は、微妙に上がると思われますが、小さいレンジで動きを見せそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてポンド円10時です。

保有ポジションは、ドル円と逆に、この相場以上のところで

買いも売りもあります。

オーダーをみると、買いに大きなオーダーが入っていますので、

少し下がっても上がると判断したいところです。

一度上がれば、145円くらいまでいくのではないでしょうか。

ただし、EU離脱の状況によって変動があるので注意です。

 

本日は、ドル円は買いショートレンジで、ポンド円も買いでロングレンジで

考えて行きたいと思います。

 

今日も良いトレードをしましょう。