12月10日は、予想通りの展開でした。

ドル円は円安へ。ポンド円は、急激な円高なんて書いたら、

深夜1時くらいから143円から一気に141円までいきました。

予想していた割に、自分自身のトレードでは、買いポジションの

リスクヘッジをしておらず、寝てしまっていた為、

ポンド円のロスカットの憂き目に遭いました。-6万円でしたね。

やはり、損切り設定は大事ですね。

EU離脱の議決を延期したことで、ポンドは全面安になりました(T-T)

可決されれば、円安かと踏んで、買いポジションを持っていたのが

裏目にでましたね。

 

さて、本日の動向を考えます。

日経平均は、21,100.30の-0.56%

ダウ平均は、24,423.26の+0.14%です。

12時20分現在の為替相場は、

ドル円が113円07銭 ポンド円が142円12銭です。

 

OANDAを見てみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12:00現在のドル円です。

ポジションは売り優勢でしょうか。午前中は、少し戻りの円高方向へいきました。

今後の流れとしては、注文が買い優勢であるので、112円~113.7円の幅での変動

ですね。少し円安にこの後は動くかなと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてポンド円です。

EU離脱の議決が延期されたので、今日は大きな動きはなさそうです。

昨日円高になり141円までいきましたが、夜中のうちに142円まで

戻しました。本日はそのままのレンジで大きな動きはありません。

相場参加者もどちらに動くのか、心理が揺れ動いている感があります。

私は、ここは買いでもって置きます。

 

本日も寒さに負けず、楽しんでトレードしましょう。