週明け月曜日の為替相場です。
日経平均が早々に一時500円の下落をしました。併せてドル円も円高へ動きました。
要因は、米中の貿易摩擦の悪影響による、投資家の心理の冷え込みとなっています。
他にも要因があり、株安と米長期金利低下でのリスクヘッジで円買です。

一方ポンドは11日にEU離脱の採決。メイ首相のEU離脱採決が英国議会で採決されます。
今日、明日はあらゆる動きに対応しなければなりません。

日経平均:21,288.04の-1.80%
ダウ平均:24,388.95の-2.24%
ドル円:112円32銭
ポンド円:143円18銭

続いてOANDAです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはドル円です。

保有ポジションでみると売り優勢に見えますが、

注文でみると買い優勢だとわかります。

ここの現在値が底値で反発すれば、円安方面へいくでしょう。

これ以上の円高は、市場参加者は、予想していないように見えます。

 

本日は、112円までの円高と、それ以降の反発で円安に動くのでは

ないかと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてポンド円です。

142円までは、下げても反発での円安はありそうです。

現状、市場参加者が少なそうです。EU離脱絡みでの発言が

出るたびに、変動の可能性を残しています。

今日明日は、ポンド円は慎重なトレードをしていきましょう。

思い切って円高になると考え、売りポジションを持つような

ギャンブルはしない方が賢明でしょう。

 

本日も良いトレードができますように。