12月4日の為替相場を考えて行きます。

昨日は、ポンド円は一度円安に上昇し、一時145円40銭ほどまで上昇し、

すぐに急下降。144円20銭まで下げました。

昨日予測した通りになりましたね。

 

我ながら良い読みでした。

イギリスのEU離脱の動向の些細な動きでポンドは大きく変動しています。

今後も注意が必要ですね。

 

日経平均は、22,542.25 -0.14%

ダウ平均は、22,826.43 +1.13%

上記のようになっています。

ドル円分析

OANDAを見てみます。2018/12/4 10:00現在

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドル円です。

現在相場は、113.51-113.53

グラフを見ていくと、売りで損益を抱えている人たちが多いですね。

注文は、売り注文が多く入っていますので、本日も113円~114円の間で動きそうですね。

日銀の買いオペがいつ入るか興味深いところです。

 

ポンド円分析

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてポンド円です。

現在相場は、114.40-144.45といったところです。

ポジションは、買いの損益が大きく売りの利益が大きい状態ですね。

注文は、買いが大きいですね。143.850まで下がっても反発が予想されますので、

本日は下げで始まっているので、しばし下げについていき、夕方以降底値で買いを

持ちたいですね。その後は、145円台に戻れば、また売りで持つのも良いかもしれません。

 

では、本日の天気のように晴天でいきたいものです。