昨日11月29日の為替相場は、ドル円が一時113.30弱へ、終値は113.50。

ポンド円が144.60まで下がりました。

ドル円はダウ平均が下がったことに連動してさがりましたね。

 

ドル円は多少反発して円高に振れました。

ポンド円も、予想通りではありますが、最初円安に行きかけましたが

円高に夕方18時頃に大きく振れました。やはり今のポンド円は夕方の

ロンドン市場が開いてから大きな動きをしますね。

 

日経平均は、22,333.05の+0.32%、

ダウ平均は、25,338.84の-0.11%となりました。

 

本日は11月最終日です。

では、OANDAを見ていきます。2018/11/30 10:30のデータです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドル円は、市場参加者も113円から114円の間で様子見をしていますね。

114.50円以上には行かないと考えている反面、112円まで円高になってもそこからの

買いを予測している動きもあります。

 

本日も、一進一退と行ったところでしょうか。少し買いが強い気がするので

113.70くらいを目指すでしょうか。

 

続いてポンド円です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、145.60にバカでかい買いオーダーがあります。

これが損切りするタイミングもしくは、確定するタイミングで

多少変動がありそうですね。

注文も143.850に多少大きな買いがあります。

ここより下がることは無いと思いますが、もしここまで円高になっても

ここあたりで反発するのではないでしょうか。

 

保有ポジションとしては、損益ポジションが本日も大きいです。

Tokyo時間に多少向かった流れに対して、夕方のロンドン市場のオープンで

反対に動くのではないでしょうか。

 

では、11月最後のトレードを楽しみましょう。