昨日11/28の為替相場は、ポンド円は円安に振れました。

一旦下がるは無かったのですが、円安に振れるのは予想通りでした。

ドル円はほぼ横ばいでの推移でした。こちらも想定通りです。

ですので、昨日はポンドのみのトレードとなりました。

 

さて本日11/29です。

昨日の日経平均は22,385.26と+0.94%

ダウ平均は、25,366.43の+2.50%と大幅に上昇しました。

 

これを受ければ円安ですが、ここ数日特に大きな意味も無く上昇しているので、

多少下がる可能性もあるかと感じます。

 

本日早朝は、FRB議長の発言を受け、微妙に円高に振れましたので、

ドル円は円安に反発も(少しですが)あるかもしれませんね。

FRB議長発言→政策金利が中立金利を若干下回る

この程度の発言であれば、一瞬の動きでしょう。

 

続いて10時のOANDAを見てみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドル円です。

現在113円60銭。

本日も113円~114円の中での攻防ですかね。

もう少し下がると予測しているほうが

マーケット参加者には多いようですね。

 

しかし買い注文もまんべんなく入っているので

どこまで下げて上昇に転ずるかといった流れ

ではないと、思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてポンド円です。

これは買い優勢のようですね。

どこで売り(利確)をするかを読む展開と

言えそうです。

 

私は145.600と読んで既に売ってしまったので

ここは静観していかないといけないようです。

 

 

 

 

 

本日は、東京時間はほぼ横ばいではないかと思います。

17時頃からのロンドン市場オープンに併せて方向性が見えるかもしれませんね。

 

夜の取引の準備をしていきたいと思います。